「クミコさん 岩手県 大船渡 リアスホール」


【2016.11.8  クミコ】


クミコさんのコンサートで岩手県は大船渡市へ行ってまりました!!

東京から新幹線で2時間半かけて一ノ関へ。

そしてそこから送迎車で1時間半かけて大船渡リアスホールへ。


途中リアス式海岸の綺麗な景色が目に飛び込んでくると同時に、

復興途中の仮設住宅、工事現場など今の現状を知る事ができました。

ネットやニュースなどでは、調べてもわからないその土地の空気や人々の様子。

実際訪れることができて良かったと思いました。


今回のリアスホールは、震災当時、津波の被害からは免れることができて、

皆さんの避難場所として使用されたと聞きました。

今はとても穏やかで、落ち着いているこの場所も、どんな状況だったのか。

コンサートが始まる前に、併設されている図書館に行ってみようと正面入口から、

中へ入ってみると ロビーではたくさんのお客様が開場を待ちわびていました。

とても楽しみになさっている様子が皆さんの表情から伺えました^^


そして本番が始まり、 「きっとツナガル」の前のクミコさんのMC。

ご自身が石巻で被災されたときのことを話されました。

その時感じた気持ちってどう表現すればいいんでしょうか。

この場にいれて、こうして同じ空間で時間を共有できていること、当たり前じゃないんだ。

ひとりひとりがこうして出会い、生きていること。それだけで素晴らしい。

終演後、主催者の方をはじめ、関係者の方々とご一緒にお食事会に招いて頂き、

お話を伺っていると、文化活動への情熱、生きるエネルギーをいっぱいに感じました。

自分がしていることって小さなことだけど、ほんの一部にでもなれているのならと。

東京とは違い身体の芯まで冷える。(まだまだこんなもんじゃないとは思いますが)

一晩、大船渡で過ごし、翌朝帰路へつきました。


とても大事なものを頂きました。

明日からも頑張ります。

ありがとうございました。

0コメント

  • 1000 / 1000